産み分けゼリーに障害のリスクや副作用はある?

産み分けゼリー 障害

産み分けゼリーが効果があるとしても、やっぱり気になるのが、副作用ですよね。

 

「ゼリーを膣内に入れてコントロールする」と聞くと、母体や赤ちゃんへの影響を気にするのも無理はないと思います。

 

ただ、産み分けゼリーが使われるようになってから、現在までのところ、産み分けゼリーの副作用というのは特に報告されていません。

 

もちろん、産み分けゼリーが原因で赤ちゃんに奇形や障害が出たなどの報告もありません。

 

産み分けゼリーの中には、天然成分100%のものもあるので、万が一、目などに入っても問題がないものもあるくらいですからね。

 

なので、安全面に関しては、そこまで心配する必要はないと思いますよ!

 

ただし、日本製かどうかは重要!

産み分けゼリー 障害

中国などで作られている海外製の産み分けゼリーの中には、成分表示が開示されていないものも多く、安心して使えないことも多いです。

 

なので、基本的には日本製で、成分がしっかり表示されているものにするのが大事ですね。

 

また、産婦人科医が共同開発していたり、「管理医療機器」としての認定を受けているものもあるので、そういったものなら特にオススメです。

 

私もその点で1番安心できたので、「ピンクゼリー」を選びました。

 

⇒ 産婦人科医が共同開発のピンクゼリーの詳細はこちら

 

 

なので、大事なことをまとめると、

 

日本製
しっかり成分表示されている

 

という2点は必須条件で、もっと言えば、

 

医師が開発に関わっている
管理医療機器に認定されている

 

という2点があれば、さらに安心して使えます!

 

私も、以下のページでも話していますが、いろいろ調べまくって比較した結果、「ピンクゼリー」を選びました。

 

私の体験談もぜひ参考にしてみてください。