中国式産み分けカレンダーは当たらない?当たる確率って?

中国式産み分けカレンダー 当たらない

中国式産み分けカレンダーはあくまで占いのレベルに過ぎないので、当たる確率についての正確なデータというのはありません。

 

ただ、誰が公表しているのかは不明ですが、ネット上の情報だと、

・中国人の的中率:99%
・アジア人の的中率:90%
・アメリカ人の的中率:85%

という情報もあります。

 

ただ、「国によって的中率が違うってどうなの?」「中国人が99%当たるって何?」って感じですよね。笑

 

でも、それでも産み分けしたいママにとっては、信じたくなっちゃうんですよね〜。

 

私もそうだったんですが、「女の子が欲しい」と思っていて、中国式カレンダーのマスが女の子だと、確かにテンションは上がります。

 

ただ、冷静になってよく見てみると、例えば中国式カレンダーでは30〜32歳で妊娠すると、女の子が75%の確率で生まれることになります。

 

以下はカレンダーの30〜32歳の部分だけ抜き出したものですが、ピンクがめちゃくちゃ多いですよね。笑

 

中国式産み分けカレンダー 当たらない

 

でも、実際のところは、30代前半の女性から生まれる子供の性別は、ほぼ半々です。

 

そういう面でも、どこまで信頼できるのかなーという疑問は残りますよね。。。苦笑

 

個人的には産み分けゼリーのほうが断然オススメ!

中国式産み分けカレンダー 当たらない

ネット上では「中国式産み分けカレンダーが当たる」なんて話題になってますが、実際には科学的根拠はないです。

 

やっぱり人間、当たったらテンションが上ってネット上で書き込みたくなりますが、外れた人はわざわざ書き込んだりしないですからね〜。

 

私は最初は中国式産み分けカレンダーを信じてやってきたんですが、こちらのページでも書いたように、私の場合は産み分けゼリーなどの科学的根拠がある方法に変えてから、念願の女の子を産むことができました。

 

中国式産み分けカレンダーも占い程度に意識するのは良いと思いますが、それを信じすぎてタイミングをはかっているうちに、妊娠するチャンスを減らしてしまうこともあります。

 

高齢だったり、2人目や3人目の場合は、特に深刻ですよね。

 

ちなみに私の場合は、知り合いに教えてもらった「ピンクゼリー」という産み分けゼリーを使いました。

 

⇒ ピンクゼリーの詳しい内容はこちら

 

ただ、そのピンクゼリーを購入する際に、他にもいろいろ調べて比較したので、次のページでは私なりの産み分けゼリーの比較結果についてまとめています。