【悲報】中国式産み分けカレンダーを信じて実践した結果・・・

中国式産み分けカレンダー

私(現在36歳)には現在3人の子供がいますが、結婚した当時から女の子が欲しいと強く願ってました。

 

そんな中、知り合いのママ友から「中国式産み分けカレンダーってホントに当たるよ」って聞いたのをきっかけに、中国式産み分けカレンダーを信じて実践してみました。

 

でも、その結果・・・

 

・1人目→男の子
・2人目→男の子

 

という感じで、産み分けは成功しませんでした。。。

 

1人目の時は「まあ当たらないこともあるよね」と思って自分を納得させましたが、2人目も男の子と分かった時にはすごくショックでした。

 

もちろん、産まれてみれば、「健康で生まれてくれただけで感謝」だと思いましたし、「この子で良かった」という思いも当然あります。

 

ただ私の体力的にも、経済的にも、「次が最後」という思いがあったので、「3人目はどうしても女の子が欲しい」という気持ちしかありませんでした。

 

中国式産み分けカレンダーをやめて別の方法に変えてみた

中国式産み分けカレンダー

1人目も2人目も産み分けができなかったので、中国式産み分けカレンダーを使うのをやめました。

 

…というか、そもそも科学的な根拠もない占い程度のものなので、他の選択肢を取ることにしました。

 

ネットでいろんな情報を毎日調べながら、最終的には以下の3つのことを実践しました。

 

排卵日2日前に性行為をする
定期的に性行為をして精液を薄める
産み分けゼリーを使う

 

1つめと2つめは、ネットで調べたらどのサイトにも書いてあって、女の子を産みたい人にとったら常識みたいなものですね〜。

 

で、3つめの産み分けゼリーは、また別のママ友から「産み分けゼリーのお陰で女の子が産まれた」っていう話を聞いて、ワラにもすがる思いで購入しました。

 

買う前にいろいろ調べてみたら、産み分けゼリーは産婦人科で行っている産み分けと同じ方法ということなので、科学的な根拠もあって安心でした。

 

ちなみに、種類も色々あったんですが、そのママ友に教えてもらった「ピンクゼリー」というのを買いました。

 

⇒ ピンクゼリーの詳しい内容はこちら

 

 

「女の子が欲しい」という念願がついに叶った!

中国式産み分けカレンダー

ピンクゼリーは、想像してたよりも全然使いやすくて、あんまり気にならずに簡単に使えました。

 

その後、無事に妊娠したことが分かり、ドキドキしながら産婦人科に通い続けたんですが、6ヶ月過ぎての検診でついに、「女の子ですね〜」と言われました。

 

待望の女の子を妊娠できたと分かり、帰りの車の中で涙が出てきました。

 

旦那も、最初は「まあ健康に産まれてくれば、どっちでもいいけどね」なんて言ってましたが、いざ女の子と分かると、私の涙にもらい泣き。笑

 

今となっては、中国式産み分けカレンダーって何だったんだろうと思います。苦笑

 

もちろん、否定したいわけではないし、うまくいく人もいるとは思います。

 

ただ、私が中国式産み分けカレンダーに振り回されたのは事実。

 

なので、もし私が知り合いから「産み分けをしたいんだけど…」という相談を受けたら、間違いなく最初から産み分けゼリーを勧めますね。

 

もちろん、中国式産み分けカレンダーは簡単なので、同時並行でやってみる分には良いとは思います。

 

ただ、それだけに頼るのはあんまりオススメはできませんね〜。

 

ちなみに、中国式産み分けカレンダーについては、別ページにも詳しくまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

 

ちなみに、産み分けゼリーのオススメは、上記でもお伝えした「ピンクゼリー」が個人的には1番オススメですね〜。

 

知り合いのママ友から勧められたっていう理由もあるんですけど、自分でもいろいろ比較してみて、安全面、効果、コスパなどを考えた結果、ベストだと思えました。

 

⇒ ピンクゼリーの公式サイト

 

ちなみに、産み分けゼリーを自分なりに比較した内容は、別ページにまとめています。